【越谷 矯正歯科】フッ素塗布でむし歯予防を

TEL:0120-17-0648 〒343-0842 埼玉県越谷市蒲生旭町11-1

>
>
【越谷 矯正歯科】フッ素塗布でむし歯予防を

お知らせ|蒲生駅で歯科をお探しの方

【越谷 矯正歯科】フッ素塗布でむし歯予防を

皆さんこんにちは。

越谷の松田歯科医院です。
本日はむし歯予防についてお話いたします。

歯磨きペーストや歯科医院での掲示などで「フッ素」という言葉を見かけたことはありませんか?
フッ素とは正しくはフッ化物といい、歯をむし歯から守ってくれる便利な成分です。たいていの歯科医院では予防歯科の1つとしてフッ素塗布をお勧めしています。どんなことを行うのか、またその効果について、今回はご紹介いたします。

フッ素塗布とは

フッ素塗布は、歯の表面にフッ素を付着させる予防ケアです。お口の状態によって多少変わりますが、1年に2~4回の塗布を続けるといいと言われています。
塗り方としては次の3つがあげられます。

歯面塗布法
丸めた綿や綿棒、歯ブラシなどを使って、歯の表面にフッ素を塗る方法です。
短時間で済むため、乳歯は生えた1歳の頃から大人まで、あらゆる世代にお受けいただけます。

トレー法
フッ素を入れたマウスピースを上あご・下あごそれぞれにはめて、3~4分間フッ素を浸透させます。
マウスピースをつけたままでいられる幼児から大人までが対象です。

イオン導入法
フッ素を入れたマウスピースや、フッ素を浸した綿を口にくわえ、3~4分間微弱な電流を流して上あごと下あごにフッ素を浸透させます。
電流を通すことでフッ素がより付着しやすくなります。マウスピースや綿を3~4分くわえることができる幼児から大人までお受けいただけます。

フッ素塗布の効果

フッ素は歯そのものとお口の細菌とに作用します。

1 歯の質が強くなり、細菌が作る酸に歯が溶かされにくくなる
2 唾液の中に含まれるミネラルを沈着しやすくして、溶け出した歯の成分が再び歯の表面に戻りやすくする。
3 お口の中に酸が生まれにくくなる

乳歯や生えて間もない永久歯は歯質が弱く、むし歯になりやすい上に進行も早いのが特徴です。フッ素を塗ることでむし歯になりにくく進行も抑えることができます。
大人になってからもフッ素塗布を受けることで、むし歯のリスクを抑えて大切な歯を守ることができます。
むし歯予防をお考えの方はぜひ、埼玉県越谷市の松田歯科医院までお問合せください。

医院名 松田歯科医院
所在地 343-0842 越谷市蒲生旭町11-1
電話番号 0120-17-0648
URL
業務内容 歯科・矯正歯科・インプラント・小児歯科
説明 松田歯科医院は、埼玉県後期高齢者医療健康長寿歯科検診(保健事業)や、越谷市口腔(こうくう)がん検診、妊婦健診を実施しております。東武伊勢崎線蒲生駅東口徒歩7分、駐車場10台完備。越谷市蒲生で50年間の実績をもつ歯科医院になります。インプラントや矯正歯科をお探しの際は、是非ご相談下さい。

 

 

松田歯科医院

〒343-0842
埼玉県越谷市蒲生旭町11-1

  • TEL:0120-17-0648

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 一般歯科(むし歯、歯周病)
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 予防歯科
  • 義歯(入れ歯)
  • 口腔外科
  • クリーニング

〒343-0842
埼玉県越谷市蒲生旭町11-1 TEL.0120-17-0648
■電車
東武伊勢崎線 蒲生駅東口徒歩7分
蒲生中央通り商店街 りそなキャッシュロビー前

■お車
ビックA(当院横のスーパー)裏に無料駐車場を完備しております。
駐車場10台完備。