>
>
矯正装置の種類・1(ブラケット)

お知らせ|蒲生駅で歯科をお探しの方

矯正装置の種類・1(ブラケット)

皆さんこんにちは。

越谷の松田歯科医院です。
本日は矯正装置の種類についてお話いたします。

昔の矯正治療では、銀色の金属製の装置を歯に取りつける矯正器具だけを使っていました。
今は患者様のご希望に合わせて、さまざまな矯正器具を使うことができます。
今回は、歯に装置を取り付ける「ブラケット」から見ていきましょう。

矯正装置(ブラケット)

■メタルブラケット
矯正治療ではおなじみの矯正器具です。歯に金属製の金具を取りつけ、ワイヤーでつなぎます。
メリットとしては、装置が丈夫で壊れにくいことです。ほかの矯正装置に比べて少し早く歯を動かせます。さまざまな不正咬合に対応しており、治療費も抑えることができます。
デメリットとしては白い歯に銀色の金具を取りつけるため、目立つ点です。

■審美ブラケット
歯に取りつける金具が白や透明な矯正器具です。
一番のメリットは目立ちにくいこと。メタルブラケットと同じく、さまざまな不正咬合に対応しています。
デメリットとしては、メタルブラケットに比べると強度がやや弱いこと。また、メタルブラケットに比べて費用はやや高くなります。

■セルフライゲーションブラケット
従来の表側に取りつける矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力が軽い装置です。
メリットは痛みが少ないこと。効率的に歯を動かせるため、通院回数も抑えられます。
装置のサイズは従来よりも大きめで、治療費用もやや高めです。

■リンガルブラケット
歯の裏側に取りつける、外から見てもわかりにくい矯正装置です。
デメリットとしては金具が舌に当たりやすいことです。また、特殊な装置のため、歯科医師にも治療経験が求められます。治療費も表に金具を取りつけるよりも高額となります。

■ハーフリンガルブラケット
上あごの歯には裏側、下あごの歯には表側に矯正装置を取りつけます。
上あごの装置が見えにくく目立ちません。また下あごの装置が舌に当たらないので、しゃべりやすさや食べやすさも変わりません。
治療費は表側に取りつける装置に比べて高めですが、リンガルブラケットよりは抑えられます。ただし、歯科医師には治療経験と技術が必要です。

埼玉県越谷市の松田歯科医院では、患者様のご希望やライフスタイルに合わせて最適な矯正器具をご提案しております。いつでも遠慮なくご相談ください。

医院名 松田歯科医院
所在地 343-0842 越谷市蒲生旭町11-1
電話番号 0120-17-0648
URL
業務内容 歯科・矯正歯科・インプラント・小児歯科
説明 松田歯科医院は、埼玉県後期高齢者医療健康長寿歯科検診(保健事業)や、越谷市口腔(こうくう)がん検診、妊婦健診を実施しております。東武伊勢崎線蒲生駅東口徒歩7分、駐車場10台完備。越谷市蒲生で50年間の実績をもつ歯科医院になります。インプラントや矯正歯科をお探しの際は、是非ご相談下さい。

 

 

松田歯科医院

〒343-0842
埼玉県越谷市蒲生旭町11-1

  • TEL:0120-17-0648

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 一般歯科(むし歯、歯周病)
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 予防歯科
  • 義歯(入れ歯)
  • 口腔外科
  • クリーニング

〒343-0842
埼玉県越谷市蒲生旭町11-1 TEL.0120-17-0648
■電車
東武伊勢崎線 蒲生駅東口徒歩7分
蒲生中央通り商店街 りそなキャッシュロビー前

■お車
ビックA(当院横のスーパー)裏に無料駐車場を完備しております。
駐車場10台完備。